これまで夢の特徴を記しました。あなたは未来の世界を夢に見ます。夢の世界の自己は自分か他人だ。過去の自己か他人が今のあなたを夢に見ます。
 
では、あの世を夢に見るでしょうか?
 
夢が霊の世界かを判定する
電波技術は日本の地下社会で発展しました。 夢の自分を思い出します。その時、あなたはイメージを認識する脳部位に電波を放出して、反射した電波を検出します。それが夢の自己の周波数です。
 
それに霊の周波数が含まれているかをチェックします。霊の周波数はここで得られます。詳しいことは、日本の友人に尋ねてください。
 
夢の自己が霊なら、それはあの世の夢です。それが霊でないなら、それは人間世界の夢です。まもなく死ぬ人の夢を調べましょう。私の考えでは、人は霊の夢を見ません。夢の体は、霊の中に入れないと思うからです。
 
が、実際はどうでしょうか。調べたらわかります。
 
まとめ
霊の世界を夢見たと証明するには、夢の自己が霊かを調べます。臨死体験を調べると、論争に決着がつくでしょう。
 
以上