人を眠って、夢を見ます。夢の世界は、現実のようです。それは脳が作り出した幻覚という説もあります。いまだ心理学でも、それが何かはっきりしません。私は、ほとんどの夢は未来の世界と考えます。私は何年か前に夢で見た光景をよく見ます。フロイトも同じ説でした。今回、夢の真実をつきとめます。
 
夢は大きく2種類です。1つ目は幻覚、2つ目は体の外の光景です。一部の人は睡眠中に、白黒の絵や曼荼羅模様などの幻覚を見ます。多くはどこか別の世界を体験します。またある人は臨死体験の夢で体の外に出ます。

夢の調査法

夢を見た人、電波機器を用意します。
1, 夢を見た人は、夢を思い出します。
2, 調査する人はそのタイミングで、彼の映像を認識する脳部位に、電波を放出します。そして、反射する電波の周波数を検出します。
3, 調査する人はその周波数を調べます。すると、夢の正体が明らかになります。

日本の地下社会では電波技術が発展しました。電波をターゲットに放出して、反射する電波の周波数を調べます。すると、ターゲットの正体がわかります。詳しいことは、友達の日本人にたずねてください。

夢は4種類です。以下の周波数と一致する。
1, 幻覚
2, 地球上の光景--地球上の土地や物体
3, 地球上にでない光景--それは景色だが、地球上の風景や物体の周波数と一致しない。そこは地球外か、霊界、異なる惑星です。
4, 絵--それは絵です。霊能者が見ます

この調査で夢の光景が存在するかを明らかにします。夢は何種類もあります。数多くのデータをとることが大切です。私の推測では、ほとんどの夢は、地球上のどこかの未来の光景です。稀に、幻覚や絵があるでしょう。

まとめ
 夢はほとんど未来の体験です。夢の世界は物理世界に存在します。少数の夢が幻覚です。ほとんどの夢の世界は脳内が作り出した架空の世界ではありません。夢の世界は存在します。

夢のほとんどは未来の体験です。シンボルなど読み解く必要はありません。それはそのままで予言です。未来の出来事なので、夢を分析しても、現在の心はわかりません。夢分析は使えません。

以上