身体が病になって、医者は原因がわからないので、霊能者にみてもらうと、小さな霊が体に張り付いていると言われます。それを取り除くと治ると。オーブ(光の小さな玉)は霊という人もいます。霊は小さくなれるのでしょうか?

 生物学で考えます。人体は縮小できるのかという問題です。ドラえもんの秘密道具で、トンネルに入ると体が1/30サイズになり、アリに襲われかけたという話はあります。可能でしょうか?

 人間は様々な細胞で原子、分子でできてます。DNAのサイズも決まっています。人が小さくなると、それらも小さくなります。DNA(デオキリシボ核酸)をどうやって小さくできるでしょう。できません。中性子星などの巨大重力下で、原子が小さくなるかどうかです。そうすると化学反応がおかしくなりまして、人間は生きてられません。というわけで、化学的に、物理的に人間を小さくすることは、不可能です。

 人間が分離して、霊になります。霊もほぼ生きており、物質(素粒子や次元みたいなもの)は違うのでしょうが、人間と似た原子、分子素材で作られています。脳もあります。霊の炭素、酸素、核酸、分子、窒素などもあるはずです。霊の世界も物理的には大差ないですから、小さくすることは不可能です。

 霊は1/10や1/5などに縮小しません。霊は小さくなりません。
 
 火の玉やオーブ、体に絆創膏のように張り付いている何かの破片が霊でもありません。霊はずっと人体サイズです。

戻る