欧米の新聞記者に大人気のシリーズです。

 霊が体に乗り移って、異言を話した。守護霊は、体の中に入るのよ。転生では記憶を消して、霊は新しい体の中で一から学ぶのよ。よくきかれます。全部、間違いです。霊は他人の体に入れません。

 ここでの前提は、1,霊は地上にいる 2, 霊は服を着る 3, 人が死ぬ時に霊は肉体から離れることです。誰もが知る事実から、一つの真実を見抜きます。

 霊は服を着ることから、服は霊をすり抜けません。霊物質どうしは、同じ空間的に重なりあうことはできません。牛糞が詰まった瓶に鶏糞を入れたら、あふれます。わかりますね。

 生きている人の中には、本人の霊体が入っています。もう一体、霊が入るスペースはありません。証明終わり。簡単でしたね。1人の体の中に、2人の霊を詰め込むことはできません。

 まさか、新しく生まれる人の霊体を取り除いて、乗っ取る。そんな非倫理的なことを考えてませんか? それは無理です。転生のように霊が人体の中に入り、人の意識を感じ取るには、人と霊の脳神経を1mmもずらさないで結合させる必要があります。1mmずれたら、別の神経回路につながれてしまいます。他人は脳のサイズも神経の配置もまったく違います。新しい人体に他霊を結合させることはできません。また倫理的である霊がそんな新霊殺しを平気でするという主張には、難があります。

 これは人体から霊が死ぬ時にしか離れない理由でもあります。もし、死ぬ前に一度でも離れたら、二度と元に戻れません。霊が入れる人体は、死んで魂が抜けた直後の抜け殻となった土左衛門(御遺体)だけです。

 次元が異なる霊は入り込めるとか、そんな非科学的な反論をするのですか? 確かにその場合は、人体の位置に霊がいることができます。しかし、その霊と人体とは次元が違うので、まったく干渉し合いません。別の空間にいるようなものです。両者は直接的に影響しません。地球の地面の上は、別の次元ではそこは別の星の空中か地下、もしくは宇宙空間だったりします。そんなところにいて、人間の行動にあわせて、位置を変えて、何をするつもりでしょうか? また両者はつながってないので、人間の反応をまったく同じように感じることはできません。

 まとめ
 霊は他人の体の中に入れません。本人の霊がそこにいますから、入る空間がありません。

 霊が他人の体に入るという考えは、満杯の肥溜めにさらに糞を入れて、あふれさせるような話です。入りません。体の中に霊が入ったという霊能者は真実の霊を知らないようです。彼女たちは霊ではない何か得体のしれない存在と交信しています。

 人を操るには人体に入る、もしくは背後から指導するしかないというのは古代的な発想です。バーチャルリアリティによる遠隔操作を知った現代人がいつまでも、そんな固定観念に縛られてはいけません。

戻る