こんにちは

なぜ霊は物体を通り抜けできないか3
 私は前回、その理由をこう説明しました。人霊は衣服を着ることから、人霊は霊の物質を通り抜けません。霊は肉体や服(物質)から分離したもので、もとは物質の中に入っていました。よって、人霊は、物質(中の霊物質にぶつかる)をすり抜けませんと。今回は別な観点で説明します。

 霊が物体を通り抜けると仮定します。まずは単純に考えます。霊は我々の世界の物質と一切干渉しません。つまり、霊は人間を触われないし、人は霊を触われません。お互いに干渉しません。

 当然、日光は霊を通り抜けます。霊は我々の世界の光を感じません。霊は人が見えません。それはお互い様です。また霊は我々の世界と非干渉なので、地球の重力にとらわれません。霊は、地球にとどまることはできません。霊は宇宙空間に投げ出されます。

 つまり、霊になると、人間の世界がまったくみえなくなり、そのまま宇宙をさまよいます。これは、幽霊が地表や部屋にいて、たまに人を襲うこととは矛盾します。よって、霊が物体を通り抜けることは誤りです。

 実は、この仮定はややおかしいです。現実はもっと複雑です。
 人霊は肉体の中に入ってました。霊が衣服を着ることから、服、靴、ベルトさらには木、石、土にはそれぞれ霊が入っているはずです。おそらく、我々の世界のすべての物質の中に、霊の物質が入っています。

 霊は、霊の世界の物質は見え、触れられます。霊の太陽から、霊の光が放たれます。霊は、人の中に入っている霊が見えます。人霊は他に木々、動物、地面、太陽、月の中にある霊物質が見えます。また霊の地球もあります。

人霊は霊の地球には重力があるため、浮きません。霊は霊の世界にある地球の重力の作用を受けます。が、人霊は霊の地面より下に落ちません。また人霊は、霊の木々や壁を抜けることもできません。霊となると、人間世界と同じ住処に生きます。ただし、霊が見えるのは、人や物質の中に入っている霊です。

 霊が我々の物質を通り抜けると仮定しても、実際は、霊は地上にいます。これは幽霊が地表にいることと合致します。よって、こう考えてもよいようです。

ただし、このケースでは、霊はほとんどの物質を通り抜けられません。(中に霊が入っていてぶつかるため)。わずかに霊が抜けた遺骸は、通り抜けられるでしょう。なにしろ、人霊は肉体を通り抜け、出てきたのですから。

では、厳密に、霊は我々の世界の物質を通り抜けるのか、抜けないのか? どちらか? 新たな疑問が生じました。この答えは次にしたく思います。

 さて、霊のことがわかりました。霊と交信中のサイキックが上空を見上げているなら、彼は霊と話してません。霊は引力のため、空中に浮きませんから。彼は霊以外の何かと交信してます。

 日本の仏教では、死んだら霊となって、三途の川をわたるといわれてます。それは誤りです。霊は飛びませんし、歩いて移動するしかないからです。霊は人間と肉体がほぼ同一です。死んだ瞬間に、新たに瞬間移動する能力が身につくことはありません。

以上

戻る